2017年08月28日

【価値があるものにお金を払う】

じつは、世の中の多くの治療の変化時間は、

30分以内になっている。

これは、効果とは言わず、

生理学的反応という。

詳しく診てみると

5分しか持たないことも分かっている。

昨日もセミナーの受講生に

刺激に応じて

身体の反応時間が異なることを体感してもらった。

刺激が小さければ

反応時間も短くなる。

寒いと鳥肌が立つのと一緒で、

爪で引っ掻いたら、赤い線が出るのと一緒で、

消えるよね?!
(寒い冬い以来鳥肌立ちっ放しってないでしょう)


そう、反応というものは30分以内に変化はなくなる。

逆に効果があるものは30分以上変化が持続するもので

1〜2週間後にも反映するものをいう。

反応の技術は、

『気持ち良い』かどうかを判断基準にしてることが多く、

脳を興奮させることにフォーカスしているので、

治すこととは無関係である。
(筋肉を揉んだとしても筋肉は気持ちいいとは言っていない。興奮物質が出る脳の話)

だから、

いつ良くなるか機能的予後が言えず、

頻繁に通ってきてもらって

その間に

自然回復を待つというスタイルになっている。


laptop cat


僕に言わせると

反応だけもたらすものには、

1円も払う価値はない。

安く情報や技術を

手に入れることが出来たとしても、

5分変化をもたらすことができても

なんの自慢にもならないし、

誰も救えはしないからね。

もし、

反応しか出せない技術しか

持っていないないのであれば

30分以上持続する変化である効果があるものを

手にした方がいい。

時間やお金をかけるとこはそこだね!

施術を受ける方は、

5分以上、

可動域や筋出力が上がるものを選択したらいいです。

軽くなった!とか

気持ちよかった!とか主観的なものは

脳の話だからね。

ストレッチやマッサージよりも確実に劇的に

運動機能を若返させるのは、

タウトニングRです!!!


posted by マスク DE タイガー at 23:20| Comment(0) | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: