2019年06月15日

【その限界どうする?!】

「あー限界!」って思うときって

その前にもう

「そろそろ限界じゃない?!」って

自分の脳と相談し始めてる。

だから

イキナリ限界って来ないのよね。



そのリミットを拡げるには

目一杯使わないと

変化しない。
(目一杯使うとゆとりを作ろうと変化し始める)

「もうそろそろやめなよ」とか

キツイからといって

脳相談の最中に止めちゃダメ。
(これを乗り越えるのを『気合い』とか言ってもいいかもね。
物理的に負荷を気合いでって言うとケガをする)

あきらめたら、

その地点で終わりだけど

その地点に居続けるかどうかが問題。

明日も明後日も

1年後も5年後も10年後も

そこに居る...

停滞ってやつだね。

理学療法士でストレッチしてる人とかはそう。

日本は1950年代の治療法までしか

学校で習わないからね。

卒業して勉強しない人は

停滞。

経験年数関係なしに...

分かることは

ストレッチでは良くならないってこと。

分からない人は

1)30分以内だけ起こる反応を効果だと思う

2)ストレッチ前後で状態を検査確認しない

このふた通り。

99%役に立っていないから。

今日は久しぶりに

救えなかった...

タウトニングでできることはした。

もちろん病気もすべて治せるってものじゃないんだけどね、

原因も分かんなかった...

腱反射も感覚も正常なのに

神経領域に痛み。

でも広範囲。

脊髄関係ないだろうなということぐらい。

リスク管理を伝えて

様子をみてもらうことに。

勉強しないとね。

この場所からは絶対に前に進む!

あなたは

限界を維持する派ですか?

拡げる派ですか?!



立ち上がれ







〇〇〇〇〇
西洋医学をバックボーンに

再現性99%

効果を体感

『タウトニングS』☆

DVD好評の
“タウトニングS体感セミナー”

7/21(日)渋谷

https://saipon.jp/s/taut-s

LINE@登録で3000円です🐯
posted by マスク DE タイガー at 18:38| Comment(0) | 心技体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

【良い治療の見極め方】

良いか悪いかを

「一体どうやって見極めればいいのですか?」

とよく聞かれる。


◇〈効果時間〉でみる

30分以上持続するかどうか。

30分後調べるのが大変という人は

5分後でOK.

過去調べてみたときに

ほとんどの技術は5分で変化が消失する。

コレを世間の人は元に戻ると言っていることになる。


◇〈気持ちイイ〉かどうかで判断

気持ちイイというのは

脳が興奮させているだけ。

脳の興奮と治ることは関係ない。

たとえば

腰痛があったとしても

腰と脳は違うから、良くなるわけがない。


◇〈痛い〉刺激を加える

痛いときも脳に興奮物質が分泌される。

闘争か逃走を促すためだが、

腕が痛いとき

右足を蹴ったら、右足が優先的に痛くなる

それに近い。

期間的にみると、


◇〈2週間受けてみて変化無しなら変わらない〉

良くなる第一歩目も見られないまま

2週間経過したらそれで良くなる確証はない。
(2週間以内2回以上の施術)

僕がみた場合でも

3回やって変化が見られないなら

打ち切る。

イタズラに長く経過を追えばいいというわけではない。

3週間経って変わらずで

3か月経って変わらずで

半年経って変わらずで

何か信じる人もいるけど、

その方法は早い段階で見切った方がいい。
(進行性の病気なら病院の方がいい)


注意点は

物理的負担をかければまた悪くなることもある。

それと30分以内の変化や脳の興奮状態からの覚醒と

混在しないことだ。

ストレッチやマッサージは

それがほとんどなので分かりやすいよね。

痛いこともされないようにね(^^)


ダンジョン入り口


posted by マスク DE タイガー at 09:59| Comment(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

【逆に】

揉んでもらって

逆に悪くなるってなんでだと思う?

揉むからよ!

答えになっていないね。

筋肉に対して攻撃を加えるからです。

筋肉が硬くなるのは

血流が悪くなってとかでもなく

“身体を守っている”だけ

だから、筋肉が張っているのは

悪いことじゃない。

防御システムが稼働しているってこと。

その中心を担ってるのが筋肉で

ガードマンをしてくれる。

そのガードマンいじめたらダメでしょ。

もみほぐし という名の

踏み付け、

ストレッチという名の

プロレス技。

逆に悪くなるに決まっている。


関節技


ガードマンの契約解除は

関節という事務所でしか

受け付けていません。

昨日マッサージいって逆に悪くなったという人が

今日ウチのオフィスに来られました。

GWのある意味贅沢な過ごし方。

他に予定はないそうです(^^)

ゴルフ行ったら、飛距離出ると思います♪

お楽しみに!



写真は仕事早く打ち切り、

写真展に行ってきた。


ねことじい


猫好きだわ(^^)



posted by マスク DE タイガー at 21:00| Comment(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

【今日が一番良かった!】

スゴ腕の治療者も職人の如く生業にしてる人が多い。

三流以下は言ってることが

変わりまくる。

霊的なものが入ったり、

東洋医学全開になったり...

その人が理学療法士だったら

目も当てられないよね。

アイデンティティはないし、

西洋医学も極めていない。

理学療法って西洋医学何ですか?って

言われることも少なくないけど、

知らないかな?

西洋医学ど真ん中です。

ーーーーーーーーーー
医師の治療手段なので

手術と薬と同じです。
ーーーーーーーーーー


理学療法士はその治療の部分を担う、

治せて当たり前の職業。

だから、そこで医学離れたこと言うと...

仕事もらえません。

治せなくても同様に仕事がもらえなくなる。

いかに早く結果を出せるようになるかも重要となる。

見て盗めとか昭和なこと言ってたらダメだし、

5年かかるとか言ってもダメだし、

結果が出るにも理由がある。

それも医学的な説明がつけれるようなもの。

もっとも重要なポイントを

明確にし、

客観的にしても分かる感覚に落とし込む。

あとは教える側は

いかにそれに気づいてもらえるようにできるか。

教わる側は、それに気付けるかどうか。
(これの率を上げるには一流から繰り返し学ぶ)

今日は名古屋で
スペシャルタウトニングセミナーだった。

「今日が一番良かったです」とか

「今日はほんと来て良かった」とか

「路頭に迷わず進んでいけそうです」など

嬉しい言葉を弟子たちから沢山もらった。

でも、それは

あなたのステージが上がっていたから

気づけたんだけどね。

何も考えず、過ごした経験20年と

全力で考えぬいた一年だったら

100%後者だからね。

あなたは最近有意義に過ごせてますか?!

昭和の教え方から抜け出そう


昭和の教え方は、職人だからね。

結果を出すために最重要課題は

忍耐ではないね。



posted by マスク DE タイガー at 21:00| Comment(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

【まさか結婚式遅れるかね?!】

弟子の結婚式に向かうのに余裕持って

岡山駅到着。
(14時着。挙式は15:30)

ここまではバス。

ネットでのクレジットカード決済不可、

それに加え、バスセンターかに行かないと

領収書は出ないよと

アナログ。

駅でゆっくりして、


桃太郎に変身


そろそろ行こうかと

考え事してたら、

違う方面の電車に乗車。

プシュー

一回扉閉まって

プシュー

ってまた開いたときに

これ逆方向じゃんと気付いて降りた。

あぶね。赤穂に行くとこだった。

長く岡山住んでいたのに間違えるかね?

そうそう、倉敷方面、倉敷方面と

思って

早く出発する 『やくも』 っていう特急があるから

乗った。

倉敷停まるって書いてあるし、

最初乗ろうと考えてた電車より

出発時間も5分早いし、特急で速いでしょ、

これなら早くつくって思ったら、

岡山から隣駅の北長瀬駅だったって

すぐ気付いた。

ときすでに遅し。

窓から過ぎ去る北長瀬駅を見る...


やくも




倉敷到着。

タクシーでも50分って調べたら出るし、

電車かなと思っても

ここからまた田舎だから

なかなか電車来ないのよ...

とりあえず

もうすぐ挙式が始まる。

おめでとう。

2両の変わった電車が来た。

どこ走ってきたのと思える

バスみたいな料金表もある。

岡山長く住んでいたけど

見たことないね。

北長瀬駅から式場行くのに歩いてたら

空き地に鳥が卵産んで

雛が孵ったんだって。



親がピーピー鳴くから余計に目立って狙われるんじゃないの?

おばさま2人とちょっと立ち話。

遅れてるのに...



別件だけど

水道橋のイベントがあって

タイガーマスクに逢いたかったなぁ...
posted by マスク DE タイガー at 21:46| Comment(0) | 流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする