2020年02月23日

【知らないことは恥ずかしい?!】

コレすごいでしょ!」と言われても

見え方が ちょっと違うだけで

正しいジャッジができていないと

結果、恥ずかしい思いをすることになる。

せっかくの良いものも

その見せ方で

ん?!って思わせてしまう。

今日は名古屋で

関節魂塾でしたが

検査で使ってはいけない

検査法を理由など

解説をしながらデモンストレーションをした。

知ってる人が見たら...

純粋に肩関節の可動域だけみたら...

一見、客観性があるようで ない。

再現性のないテストとなっている。

人をだますにはいいかもしれないけど、

僕の弟子にはそんな人はいないでしょう(^^)

タウトニングの最新を伝受したんだけど

すごい斬れ味ですね!と声ももらった。

ちょっと職人ぽく難しい側面も出てきたけど

慣れです!

逆にめっちゃ簡単に結果が出るようになったものも。

で、タウトニング をした後に

過去の技術をしてみると

また張りが出てしまう。

再現性100%

過去超えたわ〜

しかも弟子も平均的に結果出せてる!

教え方も一流だわ(自画自賛)


8A888612-E98B-424E-BA86-4F0C62FB3782.jpeg

《お知らせ》

コロナウイルスにも負けない?!

常にベストの自律神経の状態にする

リセット体操を伝受⭐︎

3/15名古屋

3/29渋谷

にタイガーが参ります🐯

⭐︎タウトニング体感セミナー⭐︎

遊びに来てね!


◯◯◯◯◯

客観性のあるコンディショニング!

【タウトニング 体感セミナー】

申込フォームに会場指定がないので
質問欄に
名古屋or渋谷を
記入下さいませ!


◯◯◯◯◯

posted by マスク DE タイガー at 23:10| Comment(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

【すごいものがあるもんだ】

1秒に満たない時間で全身に影響させる

っていう技術の動画を弟子が添付してくれたので観た。

昨年から生で凄い人をみたりしたので
(久しぶりに人のセミナーに参加して)

自分が知らないだけであって

結果を出せるものは沢山あるのだろう。

でもその中で残念なところがあった。

ペテン氏が使う検査を使っていた。

その検査法では

検者(検査する人)によって

変化が出たように操作できる。

だから、医学に携わる人は使わない。

僕は出身が医学の中なので

客観性の持てるものを使っている。

それも自分の作った技術が確かなものだという

証拠にもなるしね。

残念ながら、ただの反応を凄いでしょって見せてるものも

かなり多い。

30分以内の変化である反応と

30分以上変化が持続する効果との違いが分かればいいね。

タウトニング はもちろん

効果の技術です♪

筋肉の張りを正常化できる唯一のコンディショニング⭐︎

来月、タウトニングJ体感セミナー

3/15名古屋

3/29渋谷に行きます!

5D76AAD8-DA86-457B-9366-023F3E3E9B06.jpeg

◇◇◇◇◇
すごいコンディショニング!

【タウトニング 体感セミナー】

申込フォームに会場指定がないので
質問欄に
名古屋or渋谷を
記入下さいませ!

◇◇◇◇◇

posted by マスク DE タイガー at 21:00| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

【そしてまた戻る】

原点に還るとかいうけど

重要なのは基礎的なところにあるということだろう。

2000年の技術を学ぶ前は

1990年の技術も学びに行ってた。

1970年代も少し学んだが

ここまで還ることは一度もなかった。

今のタウトニング は

1990年の技術を応用して

進化をさせたところがあるので

ある意味、原点回帰です。

勝手に回帰現象を継続中。

ひたすら抜けだせないだけだけど。

iPhone7がいかれてる上、ストレージがいっぱい。

画像や動画を消しまくった。

iPhone10を7月末に購入してるけど

バックアップするi macがメモリーいっぱい。

これまた外付ハードディスクに移動させようにも

1時間もかけて出来ず...

結局、過去のデータ消しまくって

将来探したくても完全消去のグッバイ系。



ようやくi tuneにバックアップが20分かけて

ようやくできたと

10に移行。

なーんにも無い。

電話番号もなーにも無い。

全然反映していない。
(自転車を取りにいかないといけなかったので、選択ミスったか)

ということで

また

イカれた7と行動をするのであった。


反映しないiPhone


回帰(怪奇)現象は続く...

原点回帰で進化し続けるタウトニング、

3/15名古屋

3/29渋谷で

体感セミナーです♪

ぜひ遊びに来てください(^^)



正常に回帰コンディショニング!

【タウトニング 体感セミナー】

申込フォームに会場指定がないので
質問欄に
名古屋or渋谷を
記入下さいませ!

https://ex-pa.jp/s/tautjh19





posted by マスク DE タイガー at 23:00| Comment(0) | 流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

【正常を知ることが〇〇!】

高い数値だったら悪いか?

筋肉も硬かったら悪いか?

だったら、低くするほど良いとなるか...

血糖値は

空腹時60-110、食後100-140mg/dL

炎症値CRPは

5-10mg/L

血小板は

13.0−34.9 ×10,000/μL

善玉菌HDLは

40−86(♀96)mg/dL

悪玉菌LDLは

70−139mg/L

などなど正常値と呼ばれる範囲がある。

血糖値低すぎると低血糖で倒れちゃうし、

血小板少ないと血液が固まらないし、

HDL少ないと

動脈硬化、高脂血症、虚血性心疾患などリスク上がる。

肩の可動域にも参考可動域というものがあって

前から上げる(屈曲)と0-180度動くのがその数値。

これらから

「低ければ良い」という問題ではないことは

容易に想像できるだろう。

では筋肉の硬さはどう?!

筋肉も硬いことを悪としているが

正常でも筋張度はゼロではない。

だから、ゼロに近づければ良いというものではない。

静的ストレッチやマッサージをすると

筋肉は正常の硬さより下がる。
(これさえ上手くコントロールできない人もいるけど)

この状態は、

ゆるゆるなので筋肉の力が入らない。

それでは、活動するのに困るので

30分以内に復旧する。

そういったシステムを人間は持っている。

「ゆるゆるにする」とうたっているものには

とくべつ医学的価値はない。

正常より下回るし、

それが硬い状態より楽に感じたとしても

30分以内に戻るわけだから。

こういうと当たり前だけど

正常にすることが大切ということ。

筋肉の張りを正常にできる技術が

唯一タウトニングということになる。

この施術の後は

本来の筋肉の状態になるので

可動域も向上するし、

筋出力も上がる。
(正常になるだけだけど)

ぜひチェックしてみて

タウトニング!

ピンと軽く張るところまで動かす

新しいコンディショニング法です(^^)


まずは正常を知ることが需要です!


今日は

今年こそは研究発表出したいです!と

弟子の中本さんが言ってくれた。

なんか嬉しく、微笑ましくなった。

向上心を持って進化しなきゃ

学問は寝てる間にも進んでいる!

あなたも今年のチャレンジ順調ですか?!



耳かじる

〇〇〇〇〇
正常になれる唯一のコンディショニング!

【タウトニング 体感セミナー】

申込フォームに会場指定がないので

質問欄に
名古屋or渋谷を
記入下さいませ!

https://ex-pa.jp/s/tautjh19





posted by マスク DE タイガー at 23:57| Comment(0) | タウトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

【気になっちゃう】

病気になると必ず筋肉の張りが起きる。

今日は14年前発症の脳梗塞(軽度のマヒ)の方と

脊柱管狭窄症手術後の方を連続してみた。

2人とも全身の筋肉に張りが出ていたが

原因は関節の引っかかりだった。

なぜ起こるかは

物理的負荷に対する防衛システムの発動なんだけどね。

使い方が悪かったり、

同じところに負荷がかかり過ぎであったりする。


それによって

引き起こされるデメリットは

筋出力低下や可動域制限がある。

これは無くていいものなので

解除しないと。

その解除の方法がタウトニングで

関節を調整するということになる。

今日

新たに気になってしまったことが...

んっ?良くなってないじゃんってとこを発見。


あっ


まだ完璧に解決済みではないんだけど

まだまだ

伸び代がある技術のようです(^^)

進化途中です♪




※耳が遠い方だったので声張っています。
敬語でないところもありますがコミュニケーションを円滑にするためです。




posted by マスク DE タイガー at 00:27| Comment(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする